継続的改善(CI)とは

  • 継続的改善とは、継続的改善B2Bマーケティング戦略の中心にある考え方です
  • それにより、改善のマインドセットが根付いた強い組織になり成長することができます

詳しくは以下のコラムで

継続的改善(CI:Continous Improvement)とは

継続的改善とは、経営マネジメントの仕組みとして改善し続けるということです。なんでもいいから改善するということではなくで、正しいやり方を使って論理的に改善に取り組むことが必要です。また1人が改善を出来ればいいということではなくて、組織全体が継続的改善を理念として掲げ、その理念が1人1人に根付いているという状態が望ましいのです。そして改善には今の問題点を取り除くという改善だけではなく、今まではやっていなかった新しい考え方で効果を大きくするようなプロセスイノベーションとしての改善も含まれます。

世の中の流れや変化のスピードはどんどんと速くなっています。変化の多いスピードの速い世の中では継続的改善(CI:Continous Improvement)の重要性がさらに高まります。

継続的改善(CI)は中心にある考え方

継続的改善(CI:Continous Improvement)は、継続的改善B2Bマーケティング戦略の中心にある考え方です。

継続的改善B2Bマーケティング戦略は、リーンシックスシグマDMAICの考え方で改善することのできる戦略です。戦略もいったん作ったら終わりではないのです。変化に対応し続けることができ、最大効果最大効率でビジネスを成長させることができます。

続的改善B2Bマーケティング戦略は、継続的に改善できる“型”です。プロセス(手順)とデータで論理的に改善を行うことで、変化に対応しプロセスを最適化することができます。

継続的改善B2Bマーケティング戦略について詳しくは以下のコラムをご参照ください。

■関連コラム

継続的改善の基本的な考え方

継続的改善を行うためには以下のような基本的な考え方が前提になります。

  • 顧客にフォーカスする
  • E2E(はじまりからおわりまで)のプロセスを見る
  • QCD(Quolity:品質、Cost:コスト、Delivery納期)に注目する
  • フェーズを踏んで論理的に進める
  • 上記の考え方を関わる人たちに根付かせる
  • 顧客にフォーカスする

継続的改善のすべてのスタートは顧客視点です。顧客側からみたらどうか?というポイントで考えます。VOC(Voice Of Customer)顧客の声にフォーカスします。

  • E2E(はじまりからおわりまで)のプロセスを見る

感覚ではなくてプロセスフロー(行動や処理の流れ)で考えます。プロセスで視覚化してデータによって論理的に問題点を見つけることができます。

  • QCD(Quolity:品質、Cost:コスト、Delivery納期)に注目する

注目するポイントはQCDです。QとはQuality、つまり品質です。効果ということもできます。CはCostです。何かの作業をする処理をする時間はコストです。処理時間を短くすることはコストの削減にもなります。

そしてDはDeriveryです。つまり納期です。納期を早めるには処理をする時間を早くすることが必要です。処理時間のことをPLT:Process Lead Timeと呼びます。PLTを処理時間の削減と顧客体験の改善に大きく影響します。

  • フェーズを踏んで論理的に進める

改善するには正しいやり方があります。効果の出なくなった原因がわからないのにやみくもに改善しようとしても、時間ばかりかかって効果がでません。それどころか見当違いな変更をすることでかえって状況が悪くなることさえあります。継続的改善B2Bマーケティングでは、リーンシックスシグマのDMAICという方法を使います。

  • 上記の考え方を関わる人たちに根付かせる

最終目標は全員が継続的改善(CI: Continuous Improvement)視点をもって自発的に改善のサイクルを回すことのできる変化に強い組織を作る事であり、継続的改善が組織に根付いた状態にする事です。改善のマインドセットが根付いたチームは成長します。強いチームになります。

論理的に問題点を見つける方法

論理的に問題点を見つけるためには、まずあるべき姿がなくてはいけません。企業がどこに向かいたいのか、どうなりたいのかがわからなければ、そこへ行くための手順である戦略を決めれらないからです。

あるべき姿を決めたら、次はそこに行く手順を決めます。これはプロセスを決めるということになります。

複雑な現代の物事を概念化、シンプル化してプロセスとして整理することが必要です。正しいプロセスを作ることで、問題点の根本原因を論理的に見つけることができるようになります。

プロセスとデータからボトルネックを見つけて改善する方法について詳しくは以下のコラムをご参照ください。

■関連コラム

改善手法はDMAICを使う

継続的改善B2Bマーケティングは、リーンシックスシグマの改善手法であるDMAICという考え方を使います。DMAIC手法とは日常業務から経営までの効率や品質向上を目指すプロセスイノベーションのための手法で、リーンシックスシグマの基本となるものです。

DMAICは顧客価値満足にもとづいて本質的に課題を解決手法であり、個々の課題を論理的、定量的にステップを踏んで解決につなげていきます。

この論理的という部分は、簡単そうに見えて実は「勘と経験」を重視してきた日本人が最も苦手とすることです。この「論理的、定量的にステップを踏む」ことがキチンとできないままに解決策を探し続けることは、最適な解決手段を見落とすことにもつながり、効率もとても悪くなります。

DMAIC手法はVOC(Voice of Customer:顧客の声)のインプットから顧客の要求を基本にして、

業務品質向上、生産性改善、品質向上から顧客サービス改善まで幅広い業務課題に対応します。

■関連コラム

根付かせる

繰り返しになりますが、最終目標は組織の全員が継続的改善視点をもって自発的に改善のサイクルを回すことのできる変化に強い組織を作る事であり、継続的改善が組織に根付いた状態にする事です。これが市場の変化に対応する継続的改善B2Bマーケティングです。

改善のマインドセットが根付いた組織は成長します。強い組織になります。

継続的改善の方法を理解し、プロセスとデータから問題点を発見して改善するマインドもった人材をひとりでも多く育成していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください